サステナビリティ
基本方針とSDGs

Sustainability policy and SDGs

「サステナビリティ」に対する中央倉庫の取組み

事業活動を通じて「自然環境」や「社会」に関わる社会的課題の解決を図り、
目標をもって取組んでいくことであり、その取組みにより、
新たな価値(「環境価値」※1及び「社会価値」※2)が創造されるものであると考えます。

サステナビリティ基本方針

  1. 事業活動を通じて「自然環境」や「社会」に関わる「社会的課題」の解決に努めます
  2. 持続可能な社会の実現に向け、目標を持った取組みを行います
  3. この取組みを通じ、持続的な成長と企業価値向上を目指します

重要と考える課題《マテリアリティ》

  • 地球環境への負荷低減につながる取組みと気候変動への対応
  • 働き甲斐を持って多様な人材が活躍する職場創りへの取組み

※1「環境価値」
:温室効果ガス排出量削減による低炭素社会の実現への貢献等の取組みを通じて生じる価値

※2「社会価値」
:多様な人材がその能力を発揮して活躍できる職場を実現させていく取組みを通じて生じる価値

サステナビリティ委員会

当社は、サステナビリティ基本方針を組織に浸透させ、サステナビリティを巡る課題に対する取組みを推進していくため、サステナビリティ委員会を設置しております。
サステナビリティ委員会の活動を通じて、サステナビリティを巡る課題に具体的に取組み、持続的な成長と企業価値向上を目指してまいります。

SDGsの取組み

当社は、京滋SDGsプロジェクトに参画しております。
京滋SDGsプロジェクトとは、京都府内、滋賀県内におけるSDGsの浸透を目的に、京都市・亀岡市・大津市をはじめ、各自治体の学生や地元企業・団体などが参加しておこなうプロジェクトです。